ワックス脱毛で肌に塗ったワックスが固まらない!そんな時に確認すべきこと!

  • 公開日 : 2019年11月26日

ワックス脱毛に初挑戦した方の中には、「ワックスを塗っても、固まらなくてベタベタ、結局ムダ毛が抜けませんでした…。」といったお問い合わせも少なくはありません。

実はワックス脱毛にはいろいろな種類があるので、まずはあなたが購入したワックスがどんなタイプなのか、内容や特徴を事前に確認しておくことがおすすめです。

ここでは、ワックス脱毛でスベスベの美肌を目指すために知っておきたい、種類や使い方をわかりやすくご紹介していきます。

ワックスの種類を確認しましょう!

191126_img_001

まず最初に今肌に塗って固まらないと思っているワックスは「ソフトタイプ」のワックスではありませんか??

決してリーズナブルな価格ではないワックス脱毛のアイテムを買って、ワックスが固まらないと、不安になったり、焦ってしまうことが多いですよね。

塗ったワックスが固まらない、ベタベタになってしまうトラブルに遭遇した場合、それはソフトタイプのワックスである可能性が大です!

さらにソフトタイプは油性と水性に 分ける事ができてNATURECOのワックスは最も肌に優しいと言われている「シュガータイプ」のワックス剤です。

シュガーワックスは固まらず、お肌に塗布してから、専用のペーパーを貼って剥がすことで脱毛します。

ワックス脱毛の種類を把握していなかったり、シュガーワックスの正しい使い方を知っておかないと、固まらないことで脱毛効果がないと勘違いしてしまうので、このポイントをしっかりとおさえておきましょう。

ちなみに、お肌の上で固まるタイプのワックス剤は、「ハードワックス」と呼ばれる種類。

ハードワックスは脱毛力が高いのですが、ワックス脱毛初心者には少し扱いが難しいこともあるため脱毛サロンなどの専門店で活用されることが多くなっています。
余談ですがハードワックスは鼻毛のお手入れができるワックス剤としても有名です。

シュガータイプのワックス脱毛方法をおさらいしましょう!

 

NATURECOのシュガーワックスは、天然の素材を使ったデリケートな肌質にも安心・安全な脱毛アイテムです。

ここから使用方法を記載致します。

Step.1

脱毛箇所の汚れや皮脂・水分を綺麗に拭きとる

Step.2

シュガーワックスをムダ毛の根元から毛の流れに沿って塗布していきます。
この時に、ムダ毛が最低1㎝以上あればベスト、密着力・浸透力が高まります。
逆に5mm以下の毛はシュガータイプのワックスだと脱毛できずに毛残りが発生します。

Step.3

シュガータイプのワックスを塗布したら、できるだけ時間を置かずに専用のペーパーを押し当て、ワックスをペーパーに密着させるように貼っていきます。
剥がしやすいようにワックスの塗り終わり側に1cmほどペーパーに持ち手を作るのがポイントです。

Step.4

塗った方向とは逆方向に(毛流れとは逆方向)勢いをつけて剥がすと、気になるムダ毛が脱毛できます。
ペーパーを真上に剥がすと肌が引っ張られて痛みが増してしまいます。なるべく肌と平行になるように剥がすのが痛みを和らげ、上手く脱毛できるポイントです。

191126_img_002

おわりに

いかがでしたか?

ワックスが固まらないと思ってしまっても、まずは一度冷静になってみて、商品の使い方や内容を確認しておくと、手間やストレスを感じずに脱毛が完了するんですね。

夏は、海やプールに冬は温泉やバカンスに行く予定も増えると思います、美容効果も期待できるワックス脱毛で、安心・安全・効果的に美肌を実現してくださいませ

NATURECOの記事を
いいねと思ったら

フォローする

最新情報をお届けします

あわせて読んでいただいている記事